<!--アクセス解析タグ ここまで-->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
イノセンス
イノセンス

かつてのわたしは恐れを知らなかった
なにひとつとして
その後いくばくかの恐れを知った時
驚いたことにわたしは同じように惹かれていった
恐怖にも勇気にも、或いはどちらも感じないことにも
恐れることのスリルを
認めることになるとは思ってもみなかったわ
恐れることのスリルを
今では勇気と一緒に堪能しているの

かつてわたしが
不可侵の存在だった頃
わたしはイノセンスを謳歌した
今も思い出すと愕然とするわ
かつてわたしが
無垢だった頃
それはまだ失われてはいない
ただ別の場所にあるのよ

神経症が根付くのは
繁茂できる肥沃な場所だけ
恐れることのスリルを
認めることになるとは思ってもみなかったわ
恐れることのスリルを
今では勇気と一緒に堪能しているの

かつてわたしが恐れを知らなかった頃
わたしはイノセンスを謳歌した
今も思い出すと愕然とするわ
不可侵のイノセンスを
まだ失ってはいない
ただ別の場所にあるのよ
恐怖は強力なドラッグ
その誘惑に打ち克てば
なんだって可能だと思える!

将来のために自分をとっておいたほうがいいかしら?
それとも惜しみなく与えるべき?
エネルギーを失うという恐怖はわたしを消耗させる
それは胸に鍵をかけて
心を閉じてしまう
欲深く、けちけちして
心を開いて、分かち合うのよ!
かつてわたしが恐れを知らなかった頃
わたしはイノセンスを謳歌した
今も思い出すと愕然とするわ
不可侵のイノセンスを
まだ失ってはいない
ただ別の場所にあるのよ
スポンサーサイト
【2007/11/08 13:53】 | 歌詞和訳/対訳 | トラックバック(0) | コメント(6) |
ザ・ダル・フレイム・オブ・デザイア
ザ・ダル・フレイム・オブ・デザイア

あなたの瞳がいとしい、愛する人よ
その壮麗に煌めく火が
ふと視線をこんな風に上に向けて
抱擁するかのような一瞥をこちらに投げかける
それは空で光る稲妻にも似て
けれどそれにも勝る魔力が宿っている
わたしの愛する人が視線を落として
情熱のキスによって全てに火が点された時
目を覆うまつげの隙間から
わたしには欲望の緩慢な炎が見える
【2007/11/08 13:52】 | 歌詞和訳/対訳 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ワンダーラスト
ワンダーラスト

わたしはこの港から旅立つ
都市に別れを告げて
ここの住人たちはあまりにも神にご執心で
彼らの善悪の基準に我慢がならないの
わたしは自分の起源を失ってしまったわ
でももう二度と見つけ出したくはない
むしろ自然の法則のただ中に漕ぎ出して
海原の手足に抱かれていたい

抑えきれない放浪欲!
容赦なくかきたてられる放浪欲
厚い層をはぎとってゆくの
芯に辿り着くまで
こんな展開をわたしは想像していたかしら
望んだのはこういう結果だったのかしら
それでもなおわたしは満たされないのだろうか

安らぎへの欲求は
魂を窒息させる
この執拗な胸騒ぎが
わたしを解き放つの
未知なる世界に身を置けば
わたしは心地よくいられるわ
その抱擁を受けるのよ
木に浮かぶ我が家に乗りこんで

抑えきれない放浪欲!
容赦なくかきたてられる放浪欲
厚い層をはぎとってゆくの
芯に辿り着くまで
こんな展開をわたしは想像していたかしら
望んだのはこういう結果だったのかしら
それでもなおわたしは満たされないのだろうか

抑えきれない放浪欲
島から島へと
抑えきれない放浪欲
ひとつになって旅を続ける
素晴らしいわ
あなたとこの楽しみを分かち合えるなんて

抑えきれない放浪欲!

行動様式を読み取れるかしら?
執拗な胸騒ぎ
胸騒ぎが執拗に続く
【2007/11/08 13:50】 | 歌詞和訳/対訳 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
elastic love


ビョークの事とかアイスランド関連とか書いていきます。

プロフィール

北

Author:北
まったり中
北のビョークファンサイトはこちら
最近気付いたのですが、このブログのタイトル、某ハンター漫画の語尾にハートが付く人の技っぽい。微妙にショック。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

タグリスト

和訳 ビョーク 歌詞 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。