<!--アクセス解析タグ ここまで-->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ヴィンランド・サガ
ヴィンランド・サガ 1 (1) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ 1 (1) (アフタヌーンKC)
(2006/08/23)
幸村 誠

商品詳細を見る
ヴィンランド・サガを3巻まで読んでさっそくはまってます。面白い!
舞台はヴァイキングが暴れまわってたころの北欧で、主人公がアイスランドに住んでたヴァイキング、というところで顔がにやける自分って他愛がないな。英文の中に日本に関する部分を見つけると、内容は置いておいてまたも顔がにやけてしまう。ナショナリズムというにはあまりにも可愛らしい…と、本題にもどると、たとえアイスランドが出てこなくてもこれは面白い。ヴァイキング達がイキイキと人をブッタ斬ったり奪ったり、主人公が復讐鬼なんだけど、その仇の部下として生活してて、事あるごとに決闘を申し込んで(律儀な子!)返り打ちをくらったり。あーもう髪をモジャモジャしてぇえー。こんな文章では面白さが伝わらないので買って!そして読んで!

閑話休題…昔むかし、うちでは少年漫画&アニメを読む・見るのがダメでした。母親が「人が死ぬのはダメ」ということで、コナンもシティーハンター(アニメ)もハンターハンターも(ハンター続き)だめでした。でもちょっと年齢が上がるとなんだか少年漫画ばっかり読むようになってしまって、現在に至ります。これは私の精神構造になにかしらの影響を与えたんだろうか?
でも漫画の殺人って基本的に常人には不可能な場合が多いので、「よし、やってみよう!」とか思わないのですよ。むしろ、名前忘れたけどアメリカの都会のど真ん中で車を奪いながら人を撃ちまくって任務を遂行するゲームの方がやばい。コントローラでの操作とはいえ、実際に自分のとった行動で人を殺せるから、ゲームをやったあと実際に銃で撃ってもいいのかなーという錯角にちょいと陥ります。やばいやばい。しかも撃たれた声とか、倒れた人とかがリアルだから、逆にリアルでなくてつい笑ってしまうのです。うーん、私は漫画でいいや。続き買おう。
スポンサーサイト
【2008/03/01 13:36】 | アイスランド | トラックバック(0) | コメント(0) |
筑紫哲也NEWS23
筑紫哲也NEWS23 今夜はアイスランドで生電話報告

っていうから結構期待して2晩分録画したのですが…大した事ありませんでした。
まとめるとこういう事です

・アイスランドは環境立国
・地球温暖化で年々氷河が後退している
・自然を汚さない地熱発電を取り入れている
・ブルーラグーンは地熱発電の排水から出来ている
・地熱発電の技術は日本から取り入れた(のだけど、アイスランドの方が発展している)

まあテレビにアイスランドが取り上げられる事自体が珍しいので、一般の人は知らない事だらけなのかもしれませんが、私は物足りませんでした。さほど掘り下げていなかったし。
とりあえず冒頭にMiðvikudagsが流れたのでよしとします。
それからアイスランド大統領にインタビュー、というか外で一緒に歩いてました。本当にそういう事が可能な国なんですね。日本だったら外国のいちキャスターが首相と一対一で話すなんてなかなか出来ないと思う。首相は忙しそうだし。
【2007/03/31 17:56】 | アイスランド | コメント(0) |
米軍撤退
新聞にも取り上げられてましたが、アイスランドから米軍が撤退。
個人的には「いいなあー!!」というところです。
私の住んでいるところは基地に近く、イラク戦争が始まった頃はゴーゴー戦闘機が飛んでいって「戦争だなあ」と思ったものです。今も飛んでます。ヘリが家の真上を飛んでいくので「狙撃したろうか」と思うこともあります(ほんとにそういうことが出来そうな距離なんで)。
おそらく日本が今のアイスランドみたいに戦略的に重要で無くなれば基地も無くなるのかもしれません。ビョークは「基地の人たちは外に出ようとしない。なぜなら街に出てきたら殴られるから」とどっかで言ってましたが、それも「いいなあー!!」と思ってしまいました。日本の在日米軍は普通に外で飲んだりしてますからね。まあそいつら目当ての日本人娘もいるんですけど。
話が逸れました。
とにかく平和に一歩進んだアイスランドと違って日本は雲行きが怪しいです。最近また戦闘機がよく飛んでいるので。
【2006/10/25 14:43】 | アイスランド | トラックバック(0) | コメント(0) |
氷国
最近私用でyahoo!知恵袋やら教えて!gooやらを使ったのですが、おたくなので「ビョーク」でも検索してみたんです。結構出てくるのですが、いずれも「アイルランドのシンガー」と間違えていて「アイスランドなんだけど…」と微妙につっこんでました。ああいうところは「ファンサイトで聞くには初歩的すぎるかな」という人たちが使っているのでしょうね。

で私が最初にアイスランドを知った時のことを思い出したり。
まだ小さい頃(小学生くらい)、ビニール製の地球儀を見ていて「アイスランド」という文字列を見つけ「アイスランド=氷の国?すごい寒そう(白く塗ってあったし)」と思ったのが最初。その当時は人が住んでるなんて思いもよらなかったし、ましてや独自の言語を持ってる事も知りませんでした。
ビョークにはまった人が必ず通るかと思われる道ですが、ネットでアイスランドの事を調べていくうちに面白くなったというか。まず島国で国民はほとんどがアイスランド人、独自の言語を持っているという時点で日本人としてはシンパシーを感じたし、なによりアイスランド語のアルファベットが!文字おたくとしては、ルーン文字から借りてきたソーンと古英語に使われていたエズがあるという時点でなんか盛り上がってしまいました。私難しい漢字を見つけた時も盛り上がる人なので当然と言うかしょうがないです。
どのインタビューか思い出せないんですが、シュガーキューブスが売れた時、アイスランドの人たちは「あの子たちは外国人にうけてるらしいよ!」って感じだったらしいです。日本人もそういうとこあるからなあ。ホモジニアスな島国の国民の性格なんだろうか。
そして脳内で盛り上がっている間にアイスランド情報はチェックするようになっていたので、通過儀礼というか、出たばかりのシガー・ロスの「Takk...」を買ってみて感動したり、世界史の地図にイギリスまでは載ってるのにアイスランドがカットされてることに憤慨してみたり(島国はカットされやすいですからね…)、アイスランドの人たちの中でビジュアル的に浮きまくってるビョークの写真にびっくりしてみたりしていました。
いつかお金たまったら行きたいですけどね。寒くて人が少ないところなんて最高(秋田とかも好き)。物価が高いのは…うーん…ていう感じですけど。
【2006/09/29 12:25】 | アイスランド | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
elastic love


ビョークの事とかアイスランド関連とか書いていきます。

プロフィール

北

Author:北
まったり中
北のビョークファンサイトはこちら
最近気付いたのですが、このブログのタイトル、某ハンター漫画の語尾にハートが付く人の技っぽい。微妙にショック。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

タグリスト

和訳 ビョーク 歌詞 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。