<!--アクセス解析タグ ここまで-->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
色々
ふと思ったのですが、日本のビョークファンサイトはほとんど止まってしまっていますね。まあ、新参の癖にこの間止まったサイトの管理人が言う事じゃありませんけれど…情けなくて大笑いが出るわ!ふっふっふ。(小笑い)
興味深いインタビューでまだ訳していないものとか、ダルフレイムのシングルカットだとか色々あるんですけど、ちょいと身辺が忙しくなってしまいそのまんま。ビョークTシャツとか作りたいんです、ほんとは。プレイルームの企画で。あとどこかで見かけたアイスランド島の形の氷が作れる製氷皿とか、このくそあちい夏にぴったりの背筋が凍りそーな曲ばっかり集めたコンピとか、やりたいことは一杯あるのに。未練たらたら。

「興味深いインタビュー」の中身、ですが、ミシェル・ゴンドリー監督の「ディクレア・インディペンデンス」のPVについてでした。確か「ライヴであることが重要だった」とビョークは言っていたと思います。変態的なまでに積み重ねられた作業や思考の塊という趣きが真骨頂のミシェルのPVで、場の流れに任せてビデオを作るのは実験だったのでしょうね。で、まああまり成功しなかったかな、と。そして「イノセンス」のPVでもファンから作品を募るという実験に出て、まあ…微妙だったかなと。やはり綿密な意見交換の上でのライヴなりアドリブなりなのではないでしょうか。ミシェルとは旧知の仲ですが、ファンとはなんの打ち合わせも無しですから、無茶言うなと言われればそれまで(あ、旧知の仲だからいきあたりばったりでやろうと思ったのかな)。
そして今回「ザ・ダル・フレイム・オブ・ディザイア」のPVは、「イノセンス」のコンペに応募した人の中から選ばれた3人(Christoph Jantos (Berlin) Masahiro Mogari (Tokyo) and Marçal Cuberta Junca (Girona) …あ、日本人がいる。珍しい)がそれぞれパートを受け持ってビデオを作り、最終的にそれらをロンドンで統合して作られたようです。ある程度コントロールが効いてる感じ。「ワンダーラスト」のPVが今までのビョークっぽい作風だったので、また実験に出たのでしょうか。この頃ぱっとしないビデオが多かったので期待していいかしらー?

閑話休題。どこで読んだか思い出せないんですが、ビョークが「(自分も含めてそういう類いの人達は)ひとりでいる時、天国にも昇るような気持ちだと思う」「昔は大人になったらひとりで風車に住んで、一日中オルガンを弾いて過ごすんだって思ってた」(うろ覚え)と言っているのを見て激しく同意した覚えがあります。特に風車に住んで(一応可能なんです)一日中ひとりでオルガン弾いて、というシチュエーションは素晴らしくステキだと思いました。ステキを通り越してステキングあたりまで行って戻ってこないくらいだ。朝はやく目が覚めて、居間で一人音楽を聴いたり本を読んだりするのがとてつもなく好きで、家族が言うには、途中で誰かが起きてくると私は不機嫌らしいです。免御。
でもそういう種類の人なのに、あえて外界に出て色々な人とコラボし続ける彼女はもっとステキだと思います。…小学生の読書感想文みたいになってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2008/08/05 16:31】 | ビョーク | トラックバック(0) | コメント(5) |
| ホーム |
elastic love


ビョークの事とかアイスランド関連とか書いていきます。

プロフィール

北

Author:北
まったり中
北のビョークファンサイトはこちら
最近気付いたのですが、このブログのタイトル、某ハンター漫画の語尾にハートが付く人の技っぽい。微妙にショック。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

タグリスト

和訳 ビョーク 歌詞 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。