<!--アクセス解析タグ ここまで-->
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
身銭グラフィー/デビュー
身銭グラフィー~ビョーク作品の購入ガイドっぽいもの~

購入ガイド…ずっと作りたいと思っていたのですが、数があまりにも多すぎるため胸やけを起こし断念しておりました。がしかし、千里の道も一歩から。こうやってブログに少しずつ書きためていけばいつか完成するに違いない。という大いなる勘違いに支えられていざ出航。
ちなみに身銭グラフィーとは、お分かりでしょうが「身銭切って買ったCDのディスコグラフィー」の事です。ファンサイト名物といってもいいでしょう。でも実はビョーク作品を全部持っているわけではない。
なおここではオフィシャルディスコグラフィーを参考にしCDに重点を置いて書いていきますので、アナログやカセットのことは良く分からないし聞かないで下さい。お願いだから。


Debut/デビュー
1993年
Debut Debut
Bj?rk (1993/11/18)
One Little Indian

この商品の詳細を見る

北の所持しているバージョン:us elektra盤(「プレイ・デッド」なし、ペラペラブックレット)

『デビュー』というタイトルではありますが、実はこれは正真正銘のデビューアルバムではありません(正真正銘のデビューはビョークが11才の時に出した『ビョーク』。ただし本人は出来に不満アリ)。
以前在籍していたシュガーキューブスのバンドサウンドから、一転してクラブ系の音を取り入れたアルバムです。ただ「クラブ系」と一口に言えるものではなく、同時に弦楽器を取り入れたりと、今となっては普通かもしれないですが、当時は随分斬新だったようです。
本人いわく「すごくお行儀のいいアルバム」とのことで、私の場合『メダラ』→『ポスト』→『ヴェスパタイン』→『ホモジェニック』→『デビュー』という順番で聴いたので、「何してんの、もっと爆発しようよ!!」と心の中でつっこんだ覚えがあります(次の『ポスト』でめでたく爆発するわけですが)。人によっては初心者にこのアルバムを薦めることがありますが、これを聴いてから別の作品を聴いたら拒絶反応を起こしてしまわないだろうか、と他人事ながら心配です。それくらいおとなしいアルバムなので(最初に「ヒューマン・ビヘイビア」で殴り掛かってくるのはおとなしくないですが)個人的には印象薄です。ただシングルカットされた曲や『ベスト・ミクシーズ』に入っているリミックス曲は素晴らしい。必聴です。
さてビョークのCDは発売国によってアートワークや収録曲が異なる事が多く、これがまた悩みの種な訳でして、何がってこの『デビュー』のアルバムには写真満載の豪華ブックレット付きのものと、それより写真が1枚少ない中程度のブックレットと、歌詞すら載っていないペラペラブックレットの3種類があるのです。狙うべきなのはもちろん豪華ブックレット。ほとんどの写真はシングルのジャケットとして使われてはいますが色違いがあります(ちなみに撮影はジャン・バプティスト・モンディーノ。ジャケットが内容を如実に表現している点が秀逸)。
しかしまた問題がありまして、『デビュー』のもともとの収録曲は「ヒューマン・ビヘイビア」に始まって「アンカー・ソング」で終わる計11曲でした。ですがその後発売されたサントラの曲「プレイ・デッド」が以降のプレス分に追加され12曲となり、日本盤ではボーナストラックとして「アトランティック(これは今の所日本盤のみでしか聴けません)」が収録されています。そして何が問題かというと、「ヒューマン・ビヘイビア」~「アンカー・ソング」という流れだととても優しくて幸せな一枚となるのですが、ここに悲痛な「プレイ・デッド」が入ることによって雰囲気がぶち壊しに。"play dead"(死んだふり)というタイトルの曲が優しい訳はないのですが(ちなみに対訳には「死を演じる」というお粗末な訳が…)どうしてこのアルバムに入れちゃったかなあ。私としては「プレイ・デッド」の入っていない盤を強くおすすめします。なお「プレイ・デッド」の出来が悪いという意味ではないので、念のため。
なんだか脱線したような気もしますが、肝心のアートワークの話。ビョークのアルバムは毎回デザインが凝っているので気に入ったデザインのものを選ぶのがベストです。些細な違いの事が多いですけど、まあそこがコレクター魂と神経質魂を弄ぶのですね。『デビュー』はまずブックレットからして3種類あることは先に書いた通りですが、一番豪華なものはuk盤(tplp31cdl)で、これは2万枚限定です。歌詞の配置にも遊び心があっていいです。なおかつ「プレイ・デッド」が入っていません。そして『デビュー』の背面のデザインにはボーダー柄で平面的なものと、水銀で書いたような"bjork"の文字があるものの2種類があるのですが、これは平面的な方で、私はこちらの方が気に入っています。もう完全に好みの問題ですが。好みついでに書いておくと、このアルバムにはバックインレイ(CDを取り出した時に見える面)の印刷がないため色付きのトレイ(CDを入れる部分)を採用していますが(というか、昔ですから)ここの色が!クリーム色の物とグレーの物があってですね!!私としてはクリーム色の方がカラーコーディネイト的に優れてると思うんですけど、こんなとこ気にする人が果たしてどれくらいいるもんかな!?知らねえよ!!神経質なんだよおりゃーよ!!

なんだかついつい熱くなってしまい、変なとこお見せしてすみませんでした。でも言っておきたかった。
以下、『デビュー』購入の際の注意点です。

・「プレイ・デッド」が入っているか、いないか
・ブックレットは写真ありか、ペラペラか。歌詞が載っていないと地味に不便。
・背面のデザインは平面的かリアルなのか。どっちが好きなのか。
・トレイの色はクリーム色か、グレーか
・ステッカーが貼ってあるとケースの交換が出来ないけど、それでいいのか。
・日本盤は対訳が下手だし、曲名も「泣きぬれて」だけど、それでいいのか。

こんなところでしょうか。
なんだか至る所に落とし穴がある気分になってきました。
スポンサーサイト
【2007/08/17 13:34】 | 購入ガイドっぽいもの | コメント(2) |
<<DVDシングル/TRIUMPH OF A HEART | ホーム | サー・ディンディンがなんだって>>
コメント
北さん はじめまして
豪華ブックレットが他のとどれ位違うのか
ずーっと気になっていたので、詳しい&熱い解説ありがとうございました!
ほんと、集める身としてはcdの中身のデザインまで少し違うとか勘弁してほしいです・・
私のトレイはどっちだろう、確かにクリームのがいいなあ~
【2007/12/10 22:33】 URL | 町 #-[ 編集]
初めまして。こういう記事にコメントいただいてありがとうございます。
「デビュー」は特に違いが大きくてユーザー泣かせなのです…。買う前には用心してください。それに隣の芝は青く見えるとはよく言ったもので、最近は「グレーのトレイもいいなあ」と思うようになってしまいました。うーん
【2007/12/11 17:45】 URL | 北 #zlAQJbYM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

elastic love


ビョークの事とかアイスランド関連とか書いていきます。

プロフィール

北

Author:北
まったり中
北のビョークファンサイトはこちら
最近気付いたのですが、このブログのタイトル、某ハンター漫画の語尾にハートが付く人の技っぽい。微妙にショック。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

タグリスト

和訳 ビョーク 歌詞 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。